SPECIAL CONTENTS

ニュース・スポーツの現場で働く!

TBSスパークルのニュース情報本部は、『はやドキ!』から
『あさチャン!』『グッとラック!』『ひるおび!』『Nスタ』『NEWS23』まで
TBSの生放送の全報道・情報番組に携わっています。
またTBSニュースを支える社会部、経済部、政治部、外信部、取材部など
報道の現場に400人以上の社員が携わっています。

そんなニュースの現場で働く社員、スポーツの現場で働く社員を紹介します。

報道記者
~世の中にニュースを届ける~

仕事内容

  • TBSテレビの記者として、世の中で起きる様々な事象を取材。大事件などを取材する社会部、政治情勢を取材する政治部、企業の動向を取材する経済部などの記者として活躍できます。
  • 各省庁の記者クラブに所属し、事件・外交・防衛・医療・教育・食品など各分野で専門性を身に着けながら「世の中に発信すべきニュース」を伝えます。また独自の視点で問題に切り込む「長編企画VTR」も手掛けます。
  • 時には自分がレポーターとして現場中継を担当するほか、テレビだけでなくインターネット上でもニュースや企画を世の中に届けます。

やりがい・魅力

  • 自分の取材で、社会の課題に一石を投じることができる。
  • 普通の仕事では会えない人と出会え、色々な話を聞く事ができる。
  • 興味があることを突き詰め、その分野のスペシャリストになる事ができる。
  • 土日休みの場合も多く、メリハリをもって仕事ができる。

総合演出の醍醐味
~『新・情報7daysニュースキャスター』の総合演出~

仕事内容

  • ディレクターとは違い、100人以上のスタッフを相手に番組を取り仕切り、演出していきます。「こんな番組にしたいんだ」という思いをスタッフ1人1人に懸命に伝えて、番組を形作っていきます。
  • 出演者やアナウンサーとトークテーマについて議論します。また、番組セットについて美術担当者と打ち合わせするほか、テロップのテイストや音楽などもスタッフと決めていきます。

やりがい・魅力

  • ゴールデンタイムの数時間を自由に演出できる。
  • セットのデザインや音楽など細かい演出も、自分の経験や感性で決める事ができる。
  • 民放キー局どの番組でもやっていない「ニュースの切り取り方」を見出し、形にしていく。

女性総合演出の重要性
~「あさチャン!」「まるっと!サタデー」の総合演出~

仕事内容

  • 毎日毎朝どうやって視聴率を上げていくか。どんなコーナーを作ったらいいか、見せ方やクオリティを高める戦略を考えます。
  • 各ディレクターの想いが詰まったVTRを重視しつつ自分が「面白い」と思うことをさらに面白くするために周りのアイデアを引き出しながらトピックスを決めています。

やりがい・魅力

  • 男性だから女性だからといって 評価が変わることもないし、チャレンジする機会も同じ。
  • 出産後でも活躍の場があり、多くの女性が現場復帰し活躍している。
  • プレッシャーはあるが、リーダーシップをとって進む道を示した内容でたくさんの人が見てくれた時は大きなやりがいを感じることができる。

海外で働く
~ワシントン支局カメラマン~

仕事内容

  • アメリカの首都「ワシントン」に4年近く駐在し、「超大国」の内政・外交や日米関係を取材します。
  • 4年に1度の大統領選では、ワシントンをはじめ、演説が行われる各州を回ります。
  • 人種問題などアメリカが抱える問題に焦点を当てた取材や企画作成にも携われます。

やりがい・魅力

  • 報道の最前線で、歴史に残る事象を記録できる。
  • 文化の異なる海外で、様々な人と関わりながら仕事ができる。
  • 世界が注目するアメリカ大統領選に密着できる。またそのほかにも全世界でトップニュースとなるような出来事を取材できる。

スポーツ中継の魅力
~アスリートが輝く最高の瞬間を届ける~

仕事内容

  • 中継制作部はオリンピック・世界陸上・サッカーワールドカップなどスポーツ全般の中継業務を担い、様々な工夫を重ね競技の魅力を視聴者に届けます。
  • アスリートへの事前取材やVTR制作など番組を演出し、中継業務ではスポーツの醍醐味「感動・興奮・緊張感」など会場の臨場感を伝えるために各スタッフが同じ目的を持ち、一丸となって番組を作っています。

やりがい・魅力

  • 世界が注目する現場でスポーツの魅力やアスリートの素晴らしさなど映像を通して伝える事ができる。
  • アスリートの取材から試合の見所・テーマを決め、番組を演出できる。
  • 勝利の瞬間や選手の努力が報われた瞬間など、歴史的なシーンに立ち会う事ができる。